省エネ家電やエコカーと同じく・・・

地球温暖化とCO2(二酸化炭素)排出量の削減については、連日のようにテレビのニュースや新聞などでも取り上げられています。また最近のテレビCMでは、さかんに「環境にやさしい」製品が強調されていますね。その代表格は薄型テレビなどの省エネ家電とハイブリッドカーを筆頭にしたエコカーです。消費電力を抑えたり燃費を向上させることで、CO2排出の軽減を図っています。

このエコ製品、実は給湯器の分野にも存在するのです。技術の進歩により以前に比べCO2排出を抑えることのできる給湯器が各種製品化されています。

エコ給湯器の主な種類

潜熱回収型給湯器―エコジョーズ

従来のガス給湯器に比べて、大幅な省エネ、省コストを実現した給湯器です。以前の給湯器ではガスを燃焼させて発生させた熱のうち有効利用できるのは80%までで、残り20%は廃棄熱として捨てられていました。これを技術の進歩により、95%まで向上させたのが「エコジョーズ」の愛称で呼ばれる、このタイプの給湯器です。

自然冷媒ヒートポンプ給湯器―エコキュート

テレビCMでもよく流れている通り「空気の熱でお湯を沸かす装置」です。簡単に言えば空気に圧力をかけることで発生する熱を利用しお湯を沸かしています。CO2やフロンガスなどを排出しないため、効率的な省エネ対策として注目されています。

ガスエンジン給湯器―エコウィル

都市ガスやLPガスなどを燃料とするガスエンジンで発電を行いながら、その過程で発生した排熱を利用してお湯を沸かすシステムのこと。家庭用コージェネレーションシステムの一種です。

燃料電池システム―エネファーム

ガス、灯油などから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電を行うシステムで、この発電時の排熱を利用してお湯を沸かす装置のこと。こちらも家庭用コージェネレーションシステムの一種。詳細については、コージェネレーションシステムのページでご紹介しています。