世界初の新製品

エコジョーズを導入して以来、それまでは気にもしていなかった給湯器に関するニュースに目が留まるようになりました。人間なんてそんなものですね。なかでも最近一番感心をもったのは、リンナイが世界初となるハイブリッド給湯器を開発し、2010年4月より発売するというニュースでした。

わが家はすでにエコジョーズを導入してしまったので「あ~、タイミングさえ合っていればこっちの方がよかった」と悔しい気分でいっぱいです。家電に例えて言うなら、DVDレコーダーを買ってしまった後でブルーレイレコーダーが発売されてしまったという感じです(苦笑)。

エコジョーズとヒートポンプの「いいとこ取り」

このハイブリッド給湯器のシステムは、簡単に言えばエコジョーズとヒートポンプ(エコキュート)の、それぞれの長所を組み合わせた方式です。

手洗いや洗顔など少量のお湯を使う時はヒートポンプでまかない、お風呂やシャワーなど大量にお湯を使用する場合には、エコジョーズと併用することでお湯切れの心配なく使えるようにしています。

もちろん環境性能も一層向上し、CO2排出量においてはもともと排出量の少ないエコジョーズよりもさらに約20%の削減を実現しているそうです。

さらなる低ランニングコスト

エコジョーズ自体も従来のガス給湯器に比べて年間約1万円のランニングコスト削減になるエコと家計にやさしい製品です。ですが…このハイブリッド給湯器の年間ランニングコストはエコジョーズのさらに半分だそうです。

もちろん本体価格自体はエコジョーズより高めですが、リンナイの試算によれば約7年間で導入コストを償却できるとのこと。給湯器の交換を考えている方は、絶対に検討してみる価値があると思います。