わが家も導入した「エコジョーズ」

今回の給湯器の交換にあたって、当初は私も家内もエコ給湯器の存在はもちろんのこと、給湯器全般に関しても知識はありませんでした。漠然と、それまで使っていた機種と同等の機能があってお手ごろ価格ならいいや、と考えていたにすぎませんでした。

そんななか、交換でお世話になる湯ドクターさんから勧められたのがエコジョーズでした。従来型の給湯器に比べると割高な感じもしましたが、それを補ってあまりあるメリットがあったので、エコジョーズに決めました。

エコジョーズならではのメリット

従来型のガス給湯器は、熱効率が80%だったのに対し、エコジョーズは95%まで高めています。これはどういうことかと言えば、これまではガス料金の20%は無駄になっていたということ。エコジョーズはその無駄を5%までになるようにしています。

実際の金額で言えば、年間で約1万円のランニングコストが節約できます。従来型給湯器との価格差を考えても、4~5年位で元はとれ、それ以降はむしろガス料金の節約につながります。

もうひとつ、環境面への貢献で言えば、熱効率を高めることによりガスの燃焼も効率的になるため、CO2の排出が13%減になります。

見逃せない補助金制度

不況やデフレといったニュースが目につくなか、エコカーや省エネ家電は一定の売り上げをキープしているそうです。その原動力となっているのは言うまでもなく「エコカー減税」や「エコポイント」です。そしてエコジョーズにも、ほぼ毎年導入するユーザーに補助金が降りる時期があります。もちろんわが家も申請し、利用させてもらいました。

ちなみにうちの場合、申請は平成21年度分で、給湯器本体分が17,000円、特殊工事分が5,000円で合計22,000円でした。平成22年度分に関しては、時期や金額、支給対象などは今後の発表待ちのようです。導入を検討される方は情報をこまめにチェックしてください。