エネルギーの発生を最大限に効率化

エコジョーズやエコキュートと同様に、環境にやさしいシステムとして注目されているのが「コージェネレーションシステム」です。しかしまだまだ馴染みが薄くどんなものかご存知ない方が多いと思います。

簡単に言えば、燃料を使ってエンジンや発電機などを動かし発電を行いながら、その廃熱を給湯やエアコンなどに利用するというもの。1つの一次エネルギーから2つのエネルギーを発生できるので「co(共同の)generation(発生)」という名称になっています。

これまでは病院や工場など規模の大きな施設向けがメインでしたが、最近では一般家庭向けのシステムが開発され販売も始まっています。その代表格がTVCMなどでも紹介されている「エコィル」と「エネファーム」です。ただし導入コストはまだまだ高価。近い将来の値下がりが期待されています。

小型ガスエンジン発電システム「エコウィル」

エコウィルはガスを燃料としてエンジンで発電を行いながら、その廃熱で給湯を賄うシステムです。発電の排熱を直接有効利用するため環境にやさしく、また発電した電気により電力会社からの電気購入量が減り、電気料金も押さえることができます。

一方で、エコキュートと同様に貯湯タンクの設置スペースが必要になります。ただしエコキュートと異なり補助熱源機を組み合わせて使用するため、お湯切れの心配はありません。

そして最大のネックとなるのは導入コストで、平均80万円前後となっています。

家庭用燃料電池システム「エネファーム」

エネファームはガスや灯油などを使用する燃料電池システムです。燃料電池は電池という名前ですが発電機の一種と考えてください。ガスや灯油などから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電させ、その排熱を給湯などに利用します。

貯湯タンクの設置スペースが必要な点や、補助熱源機を組み合わせるためお湯切れの心配がないのは、エコウィルと同様です。ただし導入コストは平均300万円前後と文字通り桁が違います。一般家庭の場合、現状でははっきり言って元を取るのは厳しいでしょう。