そもそも給湯器の寿命は?

給湯器も機械である以上、使っていれば経年劣化が進んでいき、いつかは壊れます。とは言え、普段の生活のなかではお湯が出るのは当たり前で、この事を意識している方はそんなに多くは無いでしょう。私と家内もまさにそうで、調子が悪化してはじめて思い知らされました。

今回いろいろ調べてみたところ、給湯器の耐用年数は約10年~15年が目安とされているそうです。もちろん使用環境や頻度などによって前後します。

私が購入した一戸建てはちょうど築10年の物件ですので、新築の際に取り付けてあった給湯器がちょうど寿命を向かえたというタイミングでした。

保証期間内なら修理

家電製品などと同じように、給湯器にも1~2年のメーカー保証がついている場合が多いです。また「保証制度は必ずチェック」のページでご紹介している通り、交換業者さんが独自に長期保証をつけてくれる場合もあります。保証書を確認して有効期間内であるなら修理をお願いしましょう。

判断が難しいのが、保障期間が過ぎていて5年~7年の場合。故障の度合いによって修理費用も異なります。もしも部品代+修理費が10万円を超えるようなら交換を視野に入れてもいいと思います。信頼できる業者さんに修理見積もりを出してもらった上で検討してみましょう。

10年以上経っていたら・・・

わが家の場合もそうでしたが、設置から10年以上経過している給湯器が不調になったり故障した場合は、交換してしまった方がいいと思います。理由のひとつとしては、10年以上経った機器はメーカーに修理部品がストックされていない場合があり、結局修理できないという事も考えられます。そうしている間にもお湯が使えない訳ですから、その時間がもったいないです。

もうひとつは、寿命を迎えた給湯器に修理費用を払うより、思い切って最新型を導入してしまった方が長い目で見ればお得です。特に最新式のエコ給湯器ならばランニングコストも下がり、補助金も期待できます。詳しくは「おすすめはエコジョーズ」のページをご覧ください。