スタンダードから最新タイプへ

私自身もそうでしたが、給湯器はそうそう頻繁に買い換えるものではありません。家電や自家用車などにも言えますが、長い期間使った後で新しいものに買い換えると性能や機能の進化にビックリすることがあります。給湯器でも同じでした。

今回トラブルに見舞われた給湯器は「スタンダードタイプ」でした。スイッチを入れれば設定温度に自動で追い炊きしてくれ、お湯が冷えた場合でも自動的に保温してくれるタイプです。ちなみに以前住んでいた賃貸マンションも同じタイプでした。

一方で、ビジネスホテルやワンルームマンションなどのユニットバスでは、給湯のみで追い炊きのできないタイプもまだよく見かけます。「ウチは追い炊きできるもんね」と密かに優越感を抱いていましたが、とんでもありませんでした。上には上があったのです。

「オート」と「フルオート」という存在

現在主流となっている給湯器は「オートタイプ」と「フルオートタイプ」というものです。正直、私も家内も知りませんでした・・・。「オートタイプ」とはスタンダードの機能に加え、スイッチひとつで設定湯量にお湯を張ってくれるタイプです。また「たし湯」というボタンで一定量のお湯を加えてくれる機能もあります。

「フルオートタイプ」はさらに、浴槽のお湯が減ってきたら自動的にたし湯をする「自動たし湯」の機能を備えています。またフルオートは水圧により温度や量を感知しています。家族の一人がお風呂から上がるとすぐに温度や水量を感知して追焚きや足し湯をしてくれるので、次に入る人がぬるさを感じたりしないで済むのです。機器の進化は凄いものですね。ちなみに今回の交換ではフルオートを奮発しました。

16号、20号、24号とは?

もうひとつ給湯器の機能面で知っておきたいのが、「数字+号」で表される「給湯能力」です。水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せるかを表しています。同じ号数でも、水温が低くなる冬は出せるお湯の量が少なくなります。

1人暮らしなら16号、夫婦2人なら20号、子供のいる家庭は24号というのを目安にすればいいと思います。わが家は湯ドクターのアドバイスにより、たっぷりお湯が使える24号を選びました。