故障した場合に備えて

給湯器は機械である以上、故障する可能性があります。私も身をもって体験しました・・・。

我が家のケースでは築10年の中古物件に備え付けだった給湯器ですので、ちょうど寿命だったと考えられます。しかし、新たに交換した給湯器が1年や2年で故障してしまっては納得いかないという方がほとんどだと思います。そこで、忘れてはならないのが保証制度のチェックです。

メーカー保証は1~2年

給湯器のメーカーが設定している保証は1年から2年という所が多いようです。テレビなどの家電製品や新車で購入した自家用車、オートバイなどでも、同じような感じですね。

逆に言えば、現在の日本のメーカーで保証をつけていないところはまずないとは思いますが、何がしかの例外がないとも限りません。購入前には必ずチェックしておいた方が安心です。

業者さん独自の延長保証

保証という安心をより長期間にわたって享受できる方法があります。それは交換業者さんが独自に設定している延長保証です。大手の家電量販店さんなどでも「メーカー保証1年プラス最大5年保証」といった独自の方式を実施している所がありますね。あれと同じような方式を採用している給湯器の交換業者さんがあります。これは絶対利用すべきだと思います。

ただし、保証の期間や延長するための費用が必要かどうかなどは、業者さんによって異なります。例えば「最大10年延長可能、ただし手数料が必要」という場合や「7年間無料で保証」といった感じです。また製品によって保証内容が異なる場合もあります。

業者さん選びの際は、製品価格や工事費用だけでなく、この保証内容も鑑みた上で決めましょう。